みんなで大家さんをスタートしよう|人生が変わる

マンションを建てて経営

マンション模型

満室を目指すことが大切

土地があるときに活用する方法としてマンション経営を選ぶことができます。マンションを建てて経営すると、新築の魅力があって比較的簡単に入居者を募ることができるのが特徴です。また、建物自体が新しいことから長く利用しやすいのがメリットです。適切な修繕を行っていけば一生マンション経営をすることも不可能ではありません。自分でマンションを建てて経営するときに最も重要になるのは設計です。少しでも収入を大きくしたいと考えると土地の面積一杯に十分に高いマンションを建てて部屋数を稼ごうとしてしまうでしょう。家賃単価の高い部屋をできるだけ多く確保すればそれだけマンション経営による収入が増やせると考えるのは妥当なものです。しかし、部屋数が多くてマンションが大きければ、それだけ管理費用がかかり、大規模修繕を行うときの費用も大きくなってしまいます。また、あまりに部屋の数が多いとそれだけの数の入居者を集めるのに苦労してしまい、想定したとおりの収入が得られない可能性もあるでしょう。重要なのは満室を目指すことであり、需要がどの程度あるかを考えて部屋の数を決めて設計しましょう。間取りによって需要が異なるので不足している間取りの部屋を用意すると部屋数も増やしやすくなります。マンション経営がやや複雑にはなりますが、異なる間取りの部屋を何種類も用意するということもできるでしょう。需要を考えて満室にできる設計をすると費用対効果が高くなります。